【言い切り】人を行動させるためにも断言がある。やるべきことがシンプルだった件。

こんにちは、だいごです。

 

最近同じことばかり言ってるんですが、

蒸し暑くてパンイチじゃないと生活できなくなってきました。

 

露出癖とか全くないけど、

外出る時もパンイチがいい笑

 

 

僕のパンツ事情はこの辺で。

今日話す内容なんですが、

・人を行動させることは難しい

・まずは自分が行動する

・メンター思考

 

この3つについて話していきます。

僕もビジネスを学んでいて素直に人を行動させることって難しいなと思いました。

 

けど、ビジネスをやっていて割と単純に人を行動させる方法がありました。

それがまずは自分が行動するということです。

 

そして忘れてはいけないのが、

最後のメンター思考。

 

この思考でビジネスをしているだけで行動力の維持にも繋がるし、

さらに言えば、自分の自信になってきます。

 

ということで話していきますね。

 

人を行動させることは難しい

まず先に言っておきますが、

人に命令しても相手は不快になるだけです。

 

これはちょっと考えれば誰でも分かりますが、

人は命令されると誰でも少しだけ不快になります。

 

仮に命令するのであれば、

言い方を考えるべきですよね。

 

例えば、

「おい、早くその作業終わらせろよ!」と言われたら誰だってネガティブになります。

 

これは言い方の問題ですよね。

これを「その作業いつくらいに終わるかな?

焦る必要はないからしっかりと質の高いものにしていこう!」

 

前者と後者では言われた人が感じる印象が全く違ってきます。

誰だって後者の方がいいですよね。

 

自分が命令される立場になって思考するといいです。

常に他人のことを考えているだけでも

人から愛される人間になっていくのでぜひやってみてください。

 

人に命令するのは、

言い方を変えれば頼みごとなので、

どれだけ丁寧に言えるかということも重要です。

 

素直にあれやって欲しいんだけどいいかな?

→これくらい腰を低くして頼めば人は行動しますから。

 

それでもしない人には次の手段で行動させましょう。

 

まずは自分が行動する

自分が行動できることを行動させたい相手に見せつけて、

「この人行動できる人なんだ」と知ってもらう。

 

そして、行動しないと一生つまらない人生を送ることになると言った最悪な未来を知ってもらう。

そこで、行動することでどんな明るい未来が待っているのか?を

相手に教えてあげる。

理想の未来の提示

 

理想の未来を見せることで相手はその未来を追いかけるように行動したくなる。

自分が相手のライバルになるイメージで行動させたらいい。

 

そうすることでより一層相手は行動しなくちゃと言う気持ちになり、

努力しながら行動できる人間になってくる。

 

この調子で最後はメンター思考について話していきます。

 

メンター思考

これは常に自分がメンター(師匠)であると思って行動すると言うことです。

相手を行動させたいのであれば、

自分が物を教える立場の存在なんだと自覚する事が最も行動できる糧になります。

 

実際、僕もブログやメルマガを書いていて、

メンター思考を持ち、常に行動しています。

 

メンター思考を持たないと、

相手に伝えると言うことをせずに、

自己満でブログを書いているブロガーのようになってしまう可能性があるからです。

 

 

もし、メンター思考で行動していても相手がなかなか行動しないのであれば、

あなたの行動が明確になっていない可能性があります。

 

明確な行動をしなければ相手はついて行こう(行動しよう)と思わないし、

むしろ「あっ、この人はなんとなく作業してるだけなんだ…」と思われて、

全く相手にされなくなってしまいます。

 

 

そんな時はしっかりと自分の存在を知らしめましょう。

その方法が、明確な行動をすると言うことです。

 

行動が明確であればあるほど、

相手はこの人は自分に自信があり、しかも分かりやすい行動をしているな。

これだったら自分も真似して行動できそうだ!

 

と思ってくれるので、

必ず明確な行動を意識して行動していきましょう。

 

とザックリ話しましたが、

分からないことや質問等あればコメントください。

 

では、また明日会いましょう!

 

電子書籍が無料で読めます


現在、20歳でマーケティング事業をしています。

今は個人事業主をしています。
来年には合同会社Active Actionという会社を設立予定。

才能なし、知識なし、経済力なしの三拍子。
高卒でサラリーマンとして工場で働きはじめましたが、
給料が低く極貧生活を送る。

そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に挑戦したところ
今まで出来なかった事ができるようになったりと
行動の選択肢が広がりました。

ビジネスを勉強する過程で、
仕組み(自動化)を作る重要性や
思考を上達させる具体的な方法、
効率良く生産性を高める方法、
価値のある資産を生み出す方法、
SNSメディアを組み合わせ自動化する方法etc…

洗脳教育をする日本では絶対に教えてくれない事を
大人になってようやく知る事ができました。


これまで20年間の経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は決める事ができなくても
しっかりと勉強して正しく取り組めば、
誰であろうと資産を構築でき自由に飛躍すると確信しました。


そういった人が、
この日本に1人でも増えれば
もっと希少価値の高い人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて行き、
世の中が便利で面白くなるのでは?

と素直に思いました。


こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにして0の状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリー、
そしてビジネス経験の無い方に
ビジネスの知識を学んでいただきたいと思い、
一冊の書籍を作りました。


「ビジネスを勉強する最初の教科書」になれば嬉しいです。
15分もあればサクッと読めます。

書籍「貧乏社員からネット起業家への軌跡を辿る」は
下記登録フォームにメールアドレスを入力するだけで受け取れます。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。


記事が面白かったら応援クリックお願いします!

ネットビジネスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

だいご

こんにちは、だいごです。 現在、愛知県でウェブマーケッティング事業をしています。 最初は何をやっても失敗の連続でしたが、諦めずに行動した結果。 僕は今、個人でビジネスをして生計を立てています。 僕がビジネスを出来るようになったのも自分が行動したからです。 そんな僕があなたに向けて書いた電子書籍が今だけ無料で受け取れます。 興味のある方は登録フォームより受け取って読んでみてください。 内容は、ネットビジネスの概念、知識、思考、幸せになるための秘訣です。情報弱者である初心者の方がこれを読めばまず情報弱者から卒業できると思います。